ページの先頭です

市・県民税と所得税の違い

[2013年1月17日]

ID:148

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(1)前年所得課税と現年所得課税

市・県民税

 前年中の所得に対して現年度に課税されます。(前年所得課税)
 ただし、退職所得については、一般的に支払いの時に課税されます。(現年所得課税)

所得税

 その年の課税になります。(現年所得課税)

(2)均等割の有無

 所得税には市・県民税の均等割に当たるものはありません。

(3)所得控除額

 社会保険料控除や医療費控除などの控除額は所得税と同じですが、控除額が異なる主なものは以下のとおりです。

市・県民税

市・県民税
 生命保険料控除

 新契約(平成24年1月1日以後契約分)

 「一般」「個人年金」「介護」 

各28,000円 (限度額70,000円)

  旧契約(平成23年12月31日以前契約分)

 「一般」「個人年金」 

各35,000円 (限度額70,000円)

 地震保険料控除  25,000円
 配偶者控除  330,000円
 扶養控除  330,000円
 基礎控除  330,000円

所得税

所得税
 生命保険料控除 新契約(平成24年1月1日以後契約分)

 「一般」「個人年金」「介護」

各40,000円 (限度額120,000円)

 旧契約(平成23年12月31日以前契約分)

 「一般」「個人年金」

各50,000円 (限度額100,000円)

 地震保険料控除 50,000円
 配偶者控除  380,000円
 扶養控除  380,000円
 基礎控除  380,000円

(4)税率

市・県民税

  • 市民税(所得割)・・・・・・・一律6%の比例税率
  • 県民税(所得割)・・・・・・・一律4%の比例税率

所得税

  • 5%、10%、20%、23%、33%、40%の6段階の超過累進税率

 

(5)主な納税方法

市・県民税

  • 普通徴収 … 6月、8月、10月、翌年1月の4回の納期に分けて納めます。
  • 給与からの特別徴収 … 6月から翌年5月までの12回に分けて給料から徴収されますが、所得税と異なり、ボーナスからは徴収されません。
  • 公的年金等からの特別徴収 … 公的年金等の所得に係る税額について、老齢基礎年金等の支払いごとに徴収されます。詳しくは「関連ホームページ」の「公的年金からの市・県民税の特別徴収」をご覧ください。

所得税

  • 申告納付 … 確定申告など
  • 源泉徴収 … 1月から12月までの毎月の給料の額に応じて徴収され、ボーナスからも徴収されます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所市民部課税課

電話: 0439-80-1241

ファクス: 0439-80-1390

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム