ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

富津市

人と人がつながる あったかふっつ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    取り組み

    市の経営

     市では、これまで行財政改革大綱や経営改革プランに基づき、行政運営の効率化、財政健全化、行政サービスの向上といった改革を推進し、一定の成果を上げてきました。しかしながら、今後、税収の担い手となる生産年齢人口の減少により市税収入が落ち込む一方、高齢化の進展等による社会保障費の増加や公共施設等の更新など多額の財政需要が見込まれ、厳しい財政状況が予想されることから、将来にわたって財政収支の安定を確保していくことが課題となります。 引き続き、限られた財源を選択と集中により、真に必要なサービスへと重点化し、最小の経費で最大の効果を上げるという行政運営の基本に立ち、限られた経営資源である「ヒト(職員)」、「モノ(公共施設)」、「カネ(経費)」を有機的に結び付け、迅速性、的確性、実効性を追求し、市民の満足度を高める行政サービスを効率的に提供していく「経営型行政運営」の推進に取り組んで行きます。