ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

富津市

人と人がつながる あったかふっつ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    医療機関にかかるとき(国民健康保険)

    • 初版公開日:[2011年01月06日]
    • 更新日:[2022年1月7日]
    • ID:159

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    医療機関にかかるとき(療養の給付)

    医療機関の窓口で、被保険者証を提示すれば、医療費の一部負担で受診することができます。

    入院したとき

    入院したときは、「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示することにより、窓口での支払いが限度額までとなります。

    入院が決まったときは、限度額適用認定証の交付を申請してください。

    限度額について詳細は、高額療養費をご覧ください。

    ただし、国民健康保険税を滞納している世帯に属する70歳未満の被保険者や世帯員に住民税等の申告がない方がいる場合は認定証の発行ができません。※1

    また、70歳以上75歳未満の方の場合、非課税世帯の方(低所得者1・2 ※2)と、現役並み所得者1・2の方のみ認定証が発行されます。

    それ以外の方は保険証を提示することで限度額までの負担となります。

    ※1 未申告者がいる世帯の70歳未満の方は、国民健康保険税に滞納がなければ、区分アの認定証であれば発行されます。

    ※2 低所得者1とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方です。また、低所得者2とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の方(低所得者1以外の方)です。

    手続きに必要なもの

    • 保険証
    • 被保険者及び世帯主のマイナンバーが確認できる書類
    • 窓口に来られる方の本人確認書類
    • 委任状(別世帯の方が申請する場合必要です)

    入院したときの食事代

    入院したときの食事代は、ほかの診療などにかかる費用などとは別に、下の表の標準負担額を自己負担し、残りは国保が負担します。

    入院時の食事代の標準負担額(1食あたり)

    住民税課税世帯(下記以外の方)

    460円※1

    住民税非課税世帯・低所得者2

    90日までの入院

    210円

    90日を超える入院(過去12か月の入院日数)

    160円

    低所得者1

    100円

    ※1 一部260円の場合があります。

    90日を超える入院をしている方の食事代について

    住民税非課税世帯と低所得者2に該当する方は過去12か月以内の入院日数が90日を超えた場合、申請することにより、申請月の翌月からの食事代が減額され、申請日からその月末までの食事代については、申請により、後日支給します。

    手続きに必要なもの

    長期入院該当の限度額適用認定・標準負担額減額認定証の申請に必要なもの

    • 過去12か月以内の入院日数のわかるもの(医療機関等の領収書など)
    • 保険証
    • 保険者及び世帯主のマイナンバーが確認できる書類
    • 窓口に来られる方の本人確認書類
    • 委任状(別世帯の方が申請する場合に必要です)

    上記の申請日から月末までの食事代の差額支給申請に必要なもの

    • 保険証
    • 医療機関等の領収書
    • 被保険者のマイナンバーが確認できる書類
    • 世帯主の方名義の通帳または口座がわかるもの

    ※原則、世帯主の方へ支給いたします。世帯主の方以外の口座へ支給を希望する場合には口座振込依頼書及び委任状が必要です。

    標準負担額減額認定証について

    住民税非課税世帯、低所得者1・2の方は入院の際に「標準負担額減額認定証」が必要です。窓口に申請してください。

    ※国民健康保険税を滞納している方にも「標準負担額減額認定証」は交付されますが、住民税等の申告がない方がいる場合は、

    申告が必要です。

    手続きに必要なもの

    • 保険証
    • 被保険者及び世帯主のマイナンバーが確認できる書類
    • 窓口に来られる方の本人確認書類
    • 委任状(別世帯の方が申請する場合に必要です)

    65歳以上の方が療養病床に入院したときの食費・居住費

    65歳以上の方が療養病床に入院したときは、食費、居住費を負担します。標準負担額は、下記のとおりとなります。

    療養病床に入院したときの食事・居住費の標準負担額
    医療の必要性の低い方医療の必要性の高い方
    指定難病患者
    食費(1食あたり)居住費(1食あたり)食費(1食あたり)居住費(1食あたり)食費(1食あたり)居住費(1食あたり)
    住民税課税世帯(下位以外の人)460円(※1)370円

    460円(※1)

    370円260円0円
    住民税非課税世帯・低所得者2210円210円(※2)210円(※2)
    低所得者1130円100円100円
    境界層該当者100円0円100円0円100円

    ※1 医療機関によって420円の場合があります。

    ※2 過去12か月以内の入院日数が90日を超え、申請をした場合は160円

    お問い合わせ

    富津市役所健康福祉部国民健康保険課

    電話: 0439-80-1271

    ファクス: 0439-80-1390

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム