ページの先頭です

ひとり親家庭等医療費等助成制度

[2016年3月20日]

ID:330

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひとり親家庭等の福祉の増進を図るため、医療費等の一部を助成しています。

対象者

ひとり親家庭等で、富津市に住所があり、国民健康保険・社会保険など健康保険に加入している次の方が対象となります。

  • ひとり親家庭等の児童(18歳到達年度までの児童または20歳未満の一定の障がいのあるもの)
  • 児童を養育するひとり親家庭等の父または母及び養育者

※所得制限があります。

 

ひとり親家庭等とは…

  • 父母が婚姻を解消している
  • 父または母が死亡、生死不明、重度の障害状態
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている
  • 母が婚姻しないで産まれた児童を養育している
  • 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童を養育している
  • 父または母が裁判所からDV保護命令を受けた場合
  • 児童の父及び母がない
  • 児童の父及び母が監護しない

 

所得制限限度額表(児童扶養手当の限度額と同額)

扶養親族の数

ひとり親家庭等の父母等の所得

同居の扶養義務者の所得

0人

1,920,000円

2,360,000円

1人

2,300,000円

2,740,000円

2人

2,680,000円

3,120,000円

3人

3,060,000円

3,500,000円

4人

3,440,000円

3,880,000円

5人

3,820,000円

4,260,000円

助成の範囲

入院・通院・調剤の保険対象医療費の自己負担額から、次の額を控除した額を助成します。

 〈入院〉

 入院時食事療養費・入院時生活療養費に係る標準負担額

 〈通院・調剤〉

 診療機関ごとに、1人1ヶ月1,000円

※高額療養費・附加給付・他制度より給付がある場合も、除かれます。

 

また、領収書を紛失等し、診療報酬明細書または調剤報酬明細書の証明手数料を支払ったときは、証明手数料を医療費等助成金として支給します。

ただし、1件につき200円を限度とします。

 

申請の方法

〈受給資格認定〉

  • ひとり親家庭等医療費等受給資格認定申請書
  • 申請書の添付書類
    (1)健康保険証の写し
    (2)附加給付等証明書(該当者のみ)
    (3)戸籍の謄本または抄本
    (4)世帯全員の住民票の写し
    (5)父母や扶養義務者の所得状況を証明する書類
    (6)養育費に関する申告書(該当者のみ)
    (7)障害の状態を証明する書類(該当者のみ)                                                                         (8)保護命令が発せられたことを証明する書類の写し(該当者のみ)

※ 児童扶養手当証書をお持ちの方は、窓口に提示していただくと(3)~(8)は省略することができます。

※ 受給資格認定通知書の有効期間は申請された日以後の7月31日までです(毎年申請をし、受給資格認定を受ける必要があります。)。

〈給付申請〉

  • ひとり親家庭等医療費等給付申請書
  • 明細のある領収書(領収書がない場合は、申請書に医療機関の証明を受けて提出できます。)

※ 医療費等を支払った日の翌月の初日から起算して2年を経過すると申請ができないので注意してください。

ひとり親家庭等医療費等給付申請書

各種届出

 受給資格者が次に該当する場合は、ひとり親家庭等医療費等受給資格変更届の提出が必要となります。

  • 氏名・住所が変わったとき
  • 加入している健康保険が変わったとき
  • 受給資格に変更があったとき

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所健康福祉部子育て支援課

電話: 0439-80-1256

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ひとり親家庭等医療費等助成制度への別ルート