ページの先頭です

保育風景

[2021年7月6日]

ID:2348

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

潮干狩りに行ったよ!

潮干狩りの様子

令和3年6月  潮干狩りに行ったよ!
 潮干狩りをとても楽しみにしていたので、はりきって出発し、到着すると広い海と砂浜に大興奮。カニ・ヤドカリ・ワカメなどを見つけ大喜びしながら”アサリもたくさん見つけるぞ!”とはりきって掘り始めました。保育士に教えてもらったり手伝ってもらったりすると、自分で見つけられ「採れたよ~!」と嬉しそうに見せてくれて楽しそうに掘り、たくさん採れることができました。
 また、普段は水遊びや汚れることが苦手な子も、濡れることを気にせず、夢中で掘っていました。実は、その気持ちの裏には”家族に美味しいアサリを食べさせたい”という思いがあったようです。他にも、同じ思いで一生懸命掘る子がたくさんいて、子ども達の家族思いの優しさに、保育士まで心が温かくなりました。
 次の日「お味噌汁にして食べたよ」「美味しかったよ!」「皆、喜んでたよ♪」と笑顔いっぱいで、嬉しそうに話す子ども達でした。

苺畑で年長組さんから小さい組さんに届いたメッセージ

苺畑で看板を立てる子供達

令和3年5月  苺畑で年長組さんから小さい組さんに届いたメッセージ

 5月に入り、苺畑では実がたくさんなり、赤く色づき始めたことを喜んでいました。しかしちょっと困ったことが…。苺が美味しそうで待ちきれない小さい組さんのお友達が、まだ赤くならない白い苺まで嬉しそうに取ってしまいました。
 その気持ちはわかるけれど、困ってしまうなぁと思っていた年長組さん。夏野菜を植えた時、野菜の名前プレートを作ったこともあり、「そうだ、夏野菜の畑みたいに看板を付けよう」「でも字は小さい子が読めないよ」「じゃあ絵を描く?」「どうやって書こうか?」と皆で相談。その結果、赤い苺と白い苺を書いて、赤には○、白には×、それに加えて文字で説明も書き添えて完成しました。そして、小さい子にそれを伝えながら看板を立てました。どうしたらよいか、自分達で考え、相手にわかるように工夫もしていて頼もしい姿でした。
 看板を立て、しばらく経ったある日の帰り、小さい組さんのお友達が、苺畑で何やら迎えに来たお母さんに一生懸命伝えているのです。看板の赤と白の苺を順番に指さして「食べられる苺と食べられない苺」と教えていました。年長さんの思いが小さい子にちゃんと伝わっていたのですね。早速、年長組さんに報告すると、良かったねと皆で喜び合いました。異年齢でつながり合えた嬉しい出来事でした。

お散歩って楽しい♪

田んぼで生き物探し

令和3年4月
 天気の良い日には、いろいろな所に散歩へ出かけます。この時期の田んぼの水路に行くと、おたまじゃくし・メダカ・どじょう・ザリガニ・ヤゴなど沢山の生き物と出会え、子ども達は「あ!いたよ!」「どれどれ!?本当だ!」「捕まえよう!」と皆が集まって夢中で楽しんでいます。
 ザリガニを捕まえるのは、特に難しいようで「お水をユラユラさせないで、見つかんないようにするんだ」「でも後ろにシュッと逃げられちゃって悔しい…」と話し「次はスルメで釣ってみようかな」といろいろ作戦を相談中です。
 時には夢中になりすぎて、足が泥にはまってしまう子も何人か…。でも「入ったら抜けなくて”あっちゃ~”て思ったよ」「お尻まで泥になったけど楽しかった!」と笑って話す子ども達。ちょっとしたアクシデントも、散歩の楽しさのひとつのようです。

お別れ会

プレゼント交換

R3月 お別れ会
卒園する年長さんとのお別れ会を年中さんが中心になって開いてくれました。”ありがとう”の気持ちを込めて、わらべ歌や手遊び、体操や歌などの発表を年長さんに見てもらいました。また、年長さんの赤ちゃんの時の写真を持ってきてもらい、”この赤ちゃんは誰?”クイズをしたりして楽しみました。年中・年少組さんが毛糸を使って作った写真立てを年長さんにプレゼントし、年長さんからはお便りホルダーをもらいました。年長さんの卒園をみんなで祝う楽しい時間が過ごせました。年長さん小学校に行っても元気でね。

ウォークラリー

これはどこの地図かな

令和3年2月  ウォークラリー(お別れ遠足)
 年長・年中組のお別れ遠足は、生涯学習バスを借りていく予定でしたが、コロナ禍でバスが利用できなくなりました。そこで、バスで遠方に行かなくても子ども達の思い出になるように工夫して、この1年みんなで散歩に出かけたコースをたどりながらのウォークラリーを計画しました。初めてのことにドキドキしながら、チームのみんなで力を合わせて挑みました。ゴールまでは7枚の地図を探しながらゴールを目指しました。途中、道を間違えるなどのアクシデントもありましたが、どのチームも最後まで諦めずに、自分たちで考えて行動して、ゴールである市役所に無事着くことが出来ました。ゴールには宝箱があり、見つけて鍵を開けると、メダルが入っており、みんな大喜びで、より大きな達成感を得られた素敵な遠足になりました。

だるまさんが。

だるまさんごっこ楽しいね

令和3年1月
 0,1歳児クラスでは『だるまさんが』という絵本が人気です。そこで、子ども達の大好きなだるまさんの絵を保育士が描いて壁に貼ったら、みんなにこにこ顔で絵の前に集まってきました。保育士が「だるまさんが・・・」と言ったら、子ども達は「どてっ!」と言って倒れ込み、絵本の中と同じポーズを取って、とてもかわいらしい子ども達です。保育士の「だるまさんが・・・」の声の後に「ぷしゅー!」「にこっ!」など絵本の真似をして楽しんでいます。

年賀状を出しに。

郵便局に行ったよ

令和2年 12月 年賀状を出しに。

 文字に興味をもち、クラスでお手紙ごっこが流行っているぱんだ組。お友だちや保育士に手紙を書いて送って楽しんでいます。「年賀状を書きたい」という話がでてき、みんなで自分のお家に年賀状を出すことになり、来年の干支の牛の絵を書いたり、数字や文字を書いたりして、思い思いの年賀状を完成させました。年賀状は富津郵便局まで散歩を兼ねて出しに行きました。普段のポストとは違い、年賀状専用のポストがあり、驚きながら投函してきました。

防災センター見学

消防車に乗ったよ

令和2年11月 防災センター見学

 3,4,5歳児で歩いて防災センターに見学に行きました。”早く消防車を見たい”という気持ちが後押しし、足取りも軽く、予定よりずっと早く到着しました。防災センターでは、各クラス毎に、消防士さんが、消防自動車や救急車の説明をしてくれたり、乗せてくれたりしました。また、消防車からの消火活動や、レスキュー隊が救助の際の綱渡りを見せてくれました。消防士さんのカッコイイ活躍を見て、「大きくなったら消防士になりたいひと?」と聞かれ、大勢の子が手を挙げていました。最後に消防車や救急車の前で写真を撮り、楽しく見学することが出来ました。

運動会

なぎなたの披露

令和2年10月  運動会
 今年の運動会は『やさいの運動会2020+楽しかった水遊び』というテーマで、4月から取り組んできた畑での野菜作りや収穫した野菜でのクッキング、また夏に思いっきり楽しんだ水遊びを運動会の競技に盛り込んで行いました。運動会に向けて、子ども達同士で何度も話合いを設け、自分達で考え作り上げていき、その中で子ども達は最後まで諦めないことや、みんなで力を合わせることの大切さを感じ、充実感を持てたようです。また、年長組は、地元にお住いの森先生からなぎなたを教えて頂いており、運動会には、構えや面打ち、脛打ちを披露しました。地域の方のご協力で、子ども達が日頃味わうことのできない経験が出来、成長できることに感謝しています。また、ご家族の応援もあり、コロナを吹き飛ばすような温かい運動会になりました。
 

取り合いになっちゃった

ぼくのだよ

令和2年9月
 秋晴れの空の下で気持ち良くいっぱい遊べるこの時期。今までは一人遊びが多かった一歳児が、この頃は友だちにも関心が持てるようになってきました。そんな時だからこそ、おもちゃの取り合いをする姿が見られました。このことも子ども達の成長の一つです。「これぼくの!取らないで!」「ぼくが使ってた!」「だめ~!」とのやり取りが見られましたが、すぐケロッとしてまた仲良く遊び始めた二人です。けんかからルールを学んだり、自分中心的な考えから思いやりの気持ちを学んだりする子ども達です。

水って気持ちがいいね。

一杯集めたよ

令和2年8月  水って気持ちがいいね。
 今年はコロナウイルス感染防止のため、プール遊びができませんでした。その代りにいろいろな水遊びや泥んこ遊びを十分に楽しみました。今年も園庭に泥山を作り、泥んこスライダーが人気でした。ホースによるシャワーも作りました。ホースの下を通ると自然にシャワーを浴びることができ、とても気持ちいいです。シャワーを容器で集め、おままごとにするお友だちもいました。暑かったこの夏、泥んこスライダーでは豪快に遊び、ホースシャワーでは、涼やかな気分を味わうことが出来ました。

スイカわ割り大会

割れたよ!

令和2年 7月    スイカ割り
 お楽しみ会の一つとして、スイカ割り大会をしました。大きい組さんはアイマスクで目隠しをし、お友だち「もうすこしだよ」「右!」などと教えてくれながら挑戦しました。そう簡単には割れませんでしたが、みんな「割ってやるぞ!」と気合十分に楽しむことが出来ました。小さい組さんは大きい組さんが割ったスイカに棒を当て、スイカ割りの気分をを味わっていました。

水たまり大好き

水遊び楽しい

R2年・6月
 梅雨に入り、園庭に水たまりができると、子ども達は目を輝かせ、水たまりに走っていきます。長靴や裸足で、パシャパシャ、バシャバシャと水の感触を楽しんで遊んでいます。泥や水に抵抗のある子も、大きい子が楽しそうに遊んでいる姿を見て、少しずつ水たまりに近づき、一緒に楽しめるようになりました。ままごとのカップに水を汲んで「コーヒーどうぞ!」お店屋さんごっこをする様子も見られます。この時季ならではの遊びですよね。

関連コンテンツ

飯野保育所

  • 保育風景

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

飯野保育所
電話・ファクス: 0439-87-0765