ページの先頭です

土地Q&A

[2011年3月4日]

ID:293

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

Q1 地価が下落しているのに、土地の税額が上がるのはどうしてですか。

 A1

 土地の価格は平成5年度以前には地価公示価格よりもかなり低い水準にあったのですが、平成6年度の評価替えで全国的に地価公示価格の公的土地評価との均衡を図るために地価公示価格の7割を目途に評価することになりました。

 課税標準額においては、税額が急激に増加することのないように除々に評価に近づけていく負担調整措置がとられています。

 すなわち、地価の動向に関わりなく、負担水準が高い土地については税負担を引き下げるか、または据置き、負担水準が低い土地についてはなだらかに税負担を引き上げていきます。

 したがって、地価が下落しているのに土地の税額が上がっているのは、負担水準が低い土地になります。

Q2 昨年、住宅を取り壊して駐車場にしたら、今年度の土地の税額が上がったのはどうしてですか。

 A2

 住宅の建っている土地は、税額計算する際に住宅用地として減額する特例があります。
この特例は、毎年、1 月1 日現在の土地の利用状況によって決まりますが、今年の1月1 日現在は、駐車場となったため、住宅用地の減額適用が受けられなくなったことによるものです。
(駐車場の有料・無料の違いは、固定資産税には関係しません。)

住宅用地の固定資産税

区分

固定資産税

200平方メートル以下の住宅用地

評価額×1/6

200平方メートルより大きい住宅用地

200平方メートル分

評価額×1/6

200平方メートルを超える分(床面積の10倍まで)

評価額×1/3

住宅の建っていない土地

特例なし

Q3 土地の地積を確認したら、課税されている地積と違うことがわかりました。どうしたらよいのでしょうか?

 A3

 法務局(登記所)に正しい地積を登記(地積更正登記)してください。土地の評価額を求める場合に用いる地積は、法務局(登記所)に登記されている地積によるものとされています。実際の地積が違う場合は、法務局(登記所)に地積更正登記をすることにより、翌年度から地積を更正することになります。

Q4 昨年、畑を駐車場にしたところ、今年度の課税地目が雑種地となっていました。登記地目は畑のままですので、畑として評価すべきではないでしょうか。

 A4

 土地の評価は、地目の別にそれぞれに定める評価の方法によって行うこととなっています。この場合の地目の認定に当たっては、この土地の現況及び利用目的に重点を置き、部分的に僅少の違いの存するときであっても、土地全体としての状況を観察して認定するものとされているため、登記地目が畑であっても現況地目は雑種地となります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所市民部税務課

電話: 0439-80-1241

ファクス: 0439-80-1390

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム