ページの先頭です

姥石

[2017年7月10日]

ID:555

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

姥石

関には「姥石」と称する大きな石があります。巨人の姥が頭に載せてきたもので、姥石の上に載っている小さな石は、姥がたもとに入れて来たと言い伝えられています。
また、志組と中倉には、この姥の足跡と伝えられている足の形をした水田があると言われ、それは1里(約4km)もの歩幅があるそうです。
姥石には加工の痕がはっきりしていて、八角形に角が取ってあり、上部に凹形をした穴があります。石質は砂岩で、外径2.4m、高さ1.2mです。この巨石が何であるかは、まだはっきりとわかってはいませんが、早くに民俗学者の柳田国男も取り上げており、いろいろな説があります。関所の柱の台石、寺の塔礎、巨人への信仰などさまざまです。「関」と「せき」の音をかけて風邪の神様とも言い、姥神事にも転じ、さらにこの姥石の上の石に触れる人がいると地元に火事が起こるとも言われています。
いずれにしても、巨石信仰・巨人伝説・民間信仰などを包蔵しながら地元では大切にされています。

姥石

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所建設経済部商工観光課

電話: 0439-80-1291

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム