ページの先頭です

DV相談

[2015年11月1日]

ID:243

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

DV(ドメスティック・バイオレンス)相談

 DV(ドメスティック・バイオレンス)は、夫婦や恋人など親密な関係のパートナーから受ける暴力をいいます。一人で悩まずご相談ください。

暴力の種別

類   型

内   容

身体的なもの

体に傷や痛みを負わせる暴行を加えること。また正当な理由なく身動きがとれない状態にすること。

具体的には…平手打ちをする、殴る、蹴る、つねる、縛り付ける、閉じ込める、物を投げつける、不要な薬を飲ませるなど。

性的なもの

無理やり(また同意と見せかけ)わいせつなことをしたり、させたりすること。

具体的には…児童と性交をする、性行為を強要する、性器への接触、裸にする、キスをする、わいせつな話をする、中絶を強要する、避妊をしない、性行為を見せる、見たくないのにポルノビデオやポルノ雑誌を見せるなど。

心理的なもの

侮辱したり拒絶したりするような言葉や態度で、精神的な苦痛を与えること。

具体的には…怒鳴る、ののしる、悪口を言う、仲間に入れない、人付き合いを制限する、電話を細かくチェックする、わざと無視をする、外で働くなと言うなど。

介護・世話の放棄・放置

(ネグレクト)

食事や入浴、洗濯、排泄などの世話や介助をほとんどせず、心身を衰弱させること。

具体的には…十分な食事を与えない、おむつを替えない、子どもにとって必要な情緒的欲求に応えない、不潔な住環境で生活させる、必要な医療や福祉サービスを受けさせない、本人の意思に反して学校や仕事に行かせないなど。

経済的なもの

本人の同意なしに財産や年金、賃金などを使うこと。また理由なく金銭を与えないこと。

具体的には…年金や賃金を渡さない、勝手に財産や預貯金を使う、日常生活に必要な金銭を与えない、遺産等の財産を相続させないなど。

子どもを巻き込んだ暴力について

子どもの目の前での夫婦喧嘩は「面前DV」となり、子ども達への心理的虐待として児童虐待に該当します。

子ども達のためにもDVを受けない・させない環境での子育てを推奨しています。

富津市DV・虐待防止計画

富津市では、DV・虐待に対する基本的な計画を策定しました

富津市DV・虐待防止計画(別ウインドウで開く)

DV相談窓口

相談場所
女性サポートセンター

043-206-8002(24時間受付)

君津健康福祉センター0438-22-3411
富津警察署生活安全課0439-66-0110
富津市役所福祉の窓口課0439-80-1221

女性に対する暴力をなくす運動

毎年11月12日から25日までの2週間は、「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間です

暴力は、その対象の性別や加害者、被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありません。

特に、配偶者等からの暴力、性犯罪、売買春、人身取引、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。

女性に対する暴力について考え、暴力のない社会づくりをすすめていきましょう。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所健康福祉部福祉の窓口課

電話: 0439-80-1260

ファクス: 0439-80-1355

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム