ページの先頭です

開発許可制度

[2017年4月1日]

ID:109

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

開発許可制度の意義

 開発許可制度は、都市の周辺部における無秩序な市街化を防止するため、都市計画区域を計画的な市街化を促進すべき市街化区域と原則として市街化を抑制すべき市街化調整区域に区域区分した目的を担保すること、都市計画区域内の開発行為について公共施設や排水設備等必要な施設の整備を義務付けるなど良好な宅地水準を確保すること、この二つの役割を果たすことを目的としているものである。

 さらに、都市計画法の改正(平成13年5月施行)により、一定の開発行為については都市計画区域にかかわらず許可の対象とされてところであり、都市計画区域の内外を問わず適正な都市的土地利用の実現についてもその役割とされたところである。

開発行為とは?

 開発行為とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいう。

開発行為の許可の適用範囲

開発行為の対象面積

富津都市計画

市街化区域

500平方メートル以上

市街化調整区域

面積規定ではなく、すべて許可対象なので問い合わせてください

大佐和都市計画

3,000平方メートル以上

都市計画区域外

10,000平方メートル以上

※都市計画区域外で3,000平方メートル以上10,000平方メートル未満については、千葉県条例「宅地開発事業の基準に関する条例」による知事の確認が必要です。

お問い合わせ

富津市役所建設経済部都市政策課

電話: 0439-80-1306

FAX: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。