ページの先頭です

祭礼やイベント会場等におけるガソリン・プロパンガス等の取扱いにご注意ください

[2015年4月1日]

ID:2767

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成25年8月15日、京都府福知山市花火大会会場の露店で、多数の死傷者が発生する火災がありました。

 多数の観客等が参加する行事において、火災が発生すると被害が甚大となるおそれがありますので、屋台等で使用されるガソリンやプロパンガス等の取り扱いには十分注意してください。

ガソリンの特性

  • 引火点が-40℃程度と低く、極めて引火しやすい。
  • 揮発しやすく、その可燃性蒸気は空気より約3~4倍重いので、滞留しやすい。
  • 容器に入った状態で、ゆらすと静電気が蓄積しやすい。

ガソリンの貯蔵・取扱い時の留意事項

  • ガソリンを入れる容器は、消防法令に適合した金属製の容器等で貯蔵・取扱いをしてください。
  • ポリタンクなどの樹脂製の容器の使用は非常に危険ですので、絶対に行わないでください。
  • 保管は、火気や高温となる場所から離し、直射日光の当たらない通気性の良い場所で保管してください。
  • 取扱いの際には、開口前の圧力調整弁の操作等、取扱説明書等に書かれた容器の操作方法に従い、こぼれ・あふれ等がないよう注意してください。
  • 発電機の稼働中には、注油をしないでください。

火気を使用する屋台等でのプロパンガス等の取扱い

  • 屋外で使用する場合は、強風や煮こぼれ等でガスの火が消えることがあります。
  • ボンベは転倒防止のため、平らな場所に置くようにしてください。また、火気から2メートル以上離して置くようにしましょう。
  • ゴムホースのひび割れ等を点検し、しっかりと取り付けましょう。

その他

  • 消火器をすぐに使える場所に置きましょう。

パンフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

消防本部総務予防課 予防係

電話: 0439-88-6406

ファクス: 0439-88-6500

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。