ページの先頭です

燈籠坂大師の切通しトンネル

[2018年10月1日]

ID:606

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

燈籠坂大師の切通しトンネル(トウロウザカダイシノキリトオシトンネル)

  燈籠坂大師は弘法大師が行脚中にそこで腰を休めたという口碑をもつ、東善寺(富津市竹岡)の飛地境内地です。切通しトンネルは、燈籠坂大師堂へと続く参道となっています。
  住職の話によると、手掘りの切り通しトンネルは城山(造海城=つくろみじょう)の尾根の関係で上り下りが急であったため、明治から大正と思われる頃に掘られたとされています。その後、昭和初期に地元住民により、鋸山の石切の技法を用いて切下げ工事を行い、現在の形になったとのことです。

 切通した部分と、トンネルの部分を合わせると100メートルほどあり、高さは約10メートルとなっています。夏にはさわやかな涼風が吹き抜ける隠れた名所です

燈籠坂大使の切通しトンネル

●地図

燈籠坂大師トンネル案内図

参考(トンネルが掘られた時期について)

トンネルの掘られた時期について

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所建設経済部商工観光課

電話: 0439-80-1291

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


燈籠坂大師の切通しトンネルへの別ルート