ページの先頭です

竹岡のオハツキイチョウ

[2016年3月20日]

ID:556

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

竹岡のオハツキイチョウ

薬王寺(やくおうじ)は、湊川下流南寄りの海岸で老松に囲まれた佳景の地にあります。
オハツキイチョウとは、種子が奇形的に葉に生じたもので、本樹は寺伝によれば、文化9年(1812年)、奥州白河藩主、松平越中守定信が本堂、薬師堂再建の大檀那として、自ら領国白河より取り寄せ手植えしたものと伝えられています。
樹高は18メートル、根周り3.1メートル、目通り2.1メートル、枝張り南北15メートル、東西14メートル、樹勢は旺盛で結実もよく、葉上種子は昭和39年10月の落下種子調査で、結実総数の43.7パーセントが、「オハツキ」と記録され、葉上種子の大きさは直径で約2~3センチ、横1.5~3.5センチで、お葉つきの種子は珍らしく、県南を代表するオハツキイチョウとして県指定を受けました。

竹岡のオハツキイチョウ
昭和40年4月27日に県文化財の指定を受けました。

●所在地
 
〒299-1621 富津市竹岡9

●地図

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所建設経済部商工観光課

電話: 0439-80-1291

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


竹岡のオハツキイチョウへの別ルート