ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

富津市

人と人がつながる あったかふっつ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    住民税非課税世帯向け7万円の給付金

    • 初版公開日:[2021年12月03日]
    • 更新日:[2024年2月13日]
    • ID:7705

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    住民税非課税世帯向け7万円の給付金について

    国の「デフレ完全脱却のための総合経済対策」(令和5年11月2日閣議決定)により実施する「物価高騰に切実に苦しんでいる低所得者世帯への支援」について、富津市では、令和5年度の住民税均等割非課税世帯に対し、対象世帯1世帯当たり7万円を支給する「物価高騰対応重点支援非課税世帯給付事業」を実施することを決定しました。

    ※世帯の状況により、給付金を受け取るための手続きが異なります。

    (1)確認書返送方式:1月19日に「支給要件確認書」を発送し、同日から受付を開始しました。

    (2)申請方式:1月19日から受付を開始しました。(案内文書等は発出されません。)

    支給対象世帯

    本給付金の支給対象世帯は、令和5年12月1日(基準日)時点で、富津市の住民基本台帳に登録されている世帯であって、当該世帯員の全員が、令和5年度の住民税均等割非課税者である世帯です。

    ※課税者の扶養親族等のみからなる世帯は対象外となります。

    ※他市町村から、本給付金と同趣旨の給付金(7万円)を受給した世帯は対象外となります。

    ※租税条約により住民税免除を届け出でいる者の属する世帯は対象外となります。

    支給金額

    • 対象世帯1世帯当たり7万円

    給付金の受給者(申請者)

    本給付金の受給(申請)権者は、支給対象世帯の世帯主(※)となります。

    ※住民基本台帳における基準日時点の世帯主

    給付金の受給手続き

    世帯の状況により、給付金を受け取るための手続きが異なります。(下表参照)

    世帯状況ごとの手続き
    種別 世帯の状況手続き 
    (1)確認書返送
    • 令和5年度住民税均等割非課税世帯
    1月19日に、富津市から「確認書」を発送しました。
    1月19日から、相談・受付を開始しました。
    必要事項を確認・記入し、その他必要書類等を添付のうえ、同封の返信用封筒にて返送してください。
    ※返送された確認書を受理してから30日以内を目安に振り込みます。
    (2)申請書提出
    • (1)の世帯のうち、令和5年1月2日以降の転入者が含まれる世帯
    • (1)の世帯のうち、修正申告を 行った方が含まれる世帯
    • (1)の世帯のうち、未申告者が含まれる世帯
    「申請書」を提出してください。
    1月19日から、相談・受付を開始しました。
    ※申請書を受理してから30日以内を目安に振り込みます。
    ※申請書は、ホームページから、または社会福祉課で取得してください。 
    ※未申告者が含まれる世帯は、当該未申告者が住民税の申告を済ませた上で申請いただく必要があります。

    支給スケジュールは、下表のとおりです。

    世帯状況毎の支給スケジュール
     項目(1)確認書返送世帯 (2)申請書提出世帯 
    確認書の発送 1月19日 
    申請書の公表(ホームページ・窓口) 1月19日 
    受付・相談窓口の開設 1月19日から 1月19日から 
    第1回振込み 1月30日(予定) 1月30日(予定) 
    第2回振込み2月14日(予定)2月14日(予定)
    (以降、順次更新します)

    確認書・申請書の受付期限5月31日まで5月31日まで
    振込日一覧
    確認書受理、申請受付日振込日 
    1月19日1月30日
    1月22日から31日まで2月14日
    2月1日から16日まで2月28日
    2月19日から29日まで3月13日
    3月1日から15日まで3月28日
    3月18日から31日まで4月11日 

    ※上表の振込みスケジュールは、順次更新いたします。

    ※給付金の支給の通知は、振込みをもって代えさせていただきます。

    (1)確認書の返送に関する留意事項

    支給対象世帯であると思われる世帯に対し、1月19日に本給付金の支給要件確認書を発送しました。

    「確認書」が届いた世帯は、その内容を確認し、必要事項を記入のうえ、同封の返信用封筒にてご返送ください。

    次の事項にご留意ください。

    • 受付期間は、令和6年1月19日から、同年5月31日(消印有効)までです。
    • 確認書の「確認欄」にて、3つの支給要件(※)にいずれも適合することを確認してください。※(1)世帯の全員が、住民税が課されている他の親族等の扶養を受けていないこと、(2)世帯の中に、住民税(均等割)が課税となる所得があるのに未申告である者がいないこと、(3)他市区町村において、本給付金と同趣旨の7万円の支給を受けていないこと
    • 「確認書」の支給口座欄の口座を変更する場合、もしくは当該欄が空欄の場合は、表面(最下部)の受取口座記入欄に口座情報を記入の上、振込金融機関も宇座確認書類(通帳の写し等)を添付してください。


    ※以下に確認書の「記入例」を公表します。

    物価高騰対応重点支援非課税世帯給付金支給要件確認書(記入例)

    (2)申請書の提出に関する留意事項

    令和5年度住民税均等割非課税世帯(給付金支給対象世帯)のうち、(1)の支給要件確認書が届かない世帯(※)は、申請書の提出により、申請いただく必要があります。

    ※令和5年1月2日以降の転入者が含まれる世帯

    ※修正申告等により、新たに令和5年度住民税均等割非課税者となった方が含まれる世帯

    ※令和5年度住民税の申告が未申告である者が含まれる世帯

    次の事項にご留意ください。

    • 受付期間は、令和6年1月19日から、同年5月31日(消印有効)までです。
    • 申請書の必要事項を記入し、本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証等の写し)、振込先金融機関口座確認書類(通帳の写し等)を添付して、市に提出してください。


    ※以下に、申請書の「様式」及び「記入例」を公表します。

    物価高騰対応重点支援非課税世帯給付金申請書(様式・記入例)

    (3)電子申請に関する留意事項

    上記、(2)の申請書の提出に替えて、電子申請によることを可能としました。

    以下の「二次元コード(QRコード)」から、電子申請フォームにより申請してください。

    次の事項にご留意ください。

    • 受付期間は、令和6年1月22日から、同年5月31日までです。

    • 電子申請は、世帯主(申請者)が行う場合に限り、申請することができます。(世帯主に代わり、代理人が申請する場合は、電子申請により申請することは出来ません。)

    • 世帯の中に、令和5年度住民税の未申告者が含まれる場合は、電子申請により申請することは出来ません。

    【電子申請にあたり以下の書類等をご用意ください】

    ※電子申請フォームの中で、それぞれの画像データを添付いただきます。複写(コピー)を用意する必要はありません。

    • 世帯主(申請者)名義の指定口座確認書類(通帳・キャッシュカード等)

    • 世帯主(申請者)の本人確認書類(運転免許証・旅券・マイナンバーカード等)


    ※上記フロー図の「二次元コード(QRコード)」を読み取り、あるいは下記URLから、電子申請フォームをご利用ください。

    配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難されている方

    配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難されている方(保護命令、保護に関する証明などが発行されている方)については、基準日時点で、富津市の住民基本台帳に登録されていない場合でも、独立した世帯として、支給の対象となる場合があります。

    • 手続きを要しますので、まずは、社会福祉課(80-1258)まで、ご連絡ください。

    STOP詐欺被害‼

    「振り込め詐欺」「個人情報の詐取」にご注意ください!

    詐欺グループは、このような給付事業の機会を悪用します。

    自宅に不審な電話や郵便があった場合は、最寄りの警察署か、警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

    • 給付金の支給にあたり、国・県・市区町村の職員が「ATMの操作」や「現金の振り込み」をお願いすることはありません。(「振り込め詐欺」の可能性があります。)
    • 給付金の支給にあたり、国・県・市区町村の職員から「世帯の構成状況(一人暮らしか否か」や「生活状況」を聞き取ることはありません。また、原則として「ご自宅を訪問する」ことはありません。(「個人情報の詐取」の可能性があります。

    給付金の法的位置づけ

    本給付金は「物価高騰対策給付金に係る差押禁止等に関する法律」第2条の規定による「物価高騰対策給付金」です。

    • 差押禁止等 本給付金を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることはできません(同法第3条)
    • 非課税 租税その他の公課は、本給付金として支給を受けた金品を標準として課することができません(同法第4条)