ページの先頭です

住宅用火災警報器の定期点検、作動確認を行いましょう!

[2018年11月1日]

ID:5216

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

家の住宅用火災警報器の交換時期かも?

 住宅用火災警報器の交換目安は、10年をおすすめしています。

 平成16年の消防法改正により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

 富津市でも平成20年から富津市火災予防条例で義務設置となり、今年、義務付けから10年目を迎えます。

 住宅用火災警報器は、古くなると電気部品の寿命や電池切れ等で、火災を感知しなくなることがあります。

 家の住宅用火災警報器の設置時期を確認しましょう。

設置時期・交換時期の確認方法

 本体の側面の交換時期・設置年月を確認しましょう。 

 交換時期が過ぎていたり、設置年月から10年が経過している場合は、本体の交換をおすすめします。

 本体側面に交換時期、設置年月が記入されていない場合は、本体の裏面でも確認することができます。

定期的に点検をしましょう!

 月に1回程度、作動確認を行いましょう。

 ボタンを押す、またはひもを引いて作動確認をします。


 作動確認では以下のようなことがわかります。

 1.正常に作動しているか?

 正常に作動している場合は、正常を知らせるメッセージが流れます。

(機種により音だけの場合もあります。)

 2.電池の残量はどうか?

 電池の残量が少ない場合は、電池切れのメッセージが流れます。

 3.機能や感知異常がないか?

 機能や感知異常がある場合は、警報器に異常がありますとメッセージが流れます。

※ 音声内容は、機種により異なります。取扱説明書がある場合には、確認するようにしてください。


誤作動等で警報音が止まらない場合

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

富津市役所消防本部総務予防課

電話: 0439-88-6406

FAX: 0439-88-6500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


住宅用火災警報器の定期点検、作動確認を行いましょう!への別ルート