ページの先頭です

布流津のお話-日本武尊と弟橘媛伝説-

[2014年10月27日]

ID:3376

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

布流津のお話-日本武尊と弟橘媛伝説-

 富津市の名前の由来の一つである、「布流津(ふるつ)」伝説を子ども向けにわかりやすく伝えるために、紙芝居風にまとめた動画を作成しました。

 二人の伝説のもとになるお話は、古事記・日本書紀に記されており、「都から東征に来た日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、走水(今の東京湾・浦賀水道)を渡る時に大嵐にあい、妃の弟橘媛(オトタチバナヒメ)が身を捧げて海の神の怒りを鎮めたことで、無事に上総国へ上陸できた。」というものです。
 市内に伝わるこの伝説には続きがあり、日本武尊が上陸した後に、弟橘媛の衣の布が富津の海岸に流れ着いたことから、「布が流れてきた津」→「布流津」→「富津」になったと言われています。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所総務部秘書広報課

電話: 0439-80-1225

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


布流津のお話-日本武尊と弟橘媛伝説-への別ルート