ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

富津市

人と人がつながる あったかふっつ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    自宅療養に備えた食料等の備蓄

    • 初版公開日:[2022年02月28日]
    • 更新日:[2022年9月9日]
    • ID:7035

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    【千葉県】自宅療養中の配食

    千葉県では、新型コロナウイルス感染症によりご自宅で療養される方に対し、配食のサービスを行っています。
    詳細は、「千葉県が行う配食サービス」(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    ※濃厚接触者は、配食サービスの対象となりません。民間の配食サービス等をご利用ください(費用は自己負担)。

    ※現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、配食サービスのお届けまでに大幅な遅れが出ています。

    自宅療養に備えて食料や日用品を備蓄しましょう

    新型コロナウイルス感染症の感染者、または濃厚接触者となり、自宅療養をしなければならなくなった場合は、不要不急の外出は控えていただくことになります。

    そのため、療養期間中に食料品や日用品が不足し困らないように事前に備蓄しておきましょう。

    また、ご自宅で療養する場合、家族に感染を広げないためにも療養環境を準備・確認しておきましょう。

    事前に準備しておきたい物

    備えておきたい食料品

    食料品の備蓄例について

    備えておきたい日用品

    日用品の備蓄例です

    「ローリングストック」で備蓄しましょう

    家庭での日用品や食料品の備蓄方法は「ローリングストック」がおすすめです。
    主食やおかず、飲料水や果物などを、長期保存の可能なレトルト食品や缶詰などで備蓄しておき、賞味期限が来る前に消費して、消費前に新たに買い足すことで家庭に一定以上の備蓄食料などを常に保管しておくと安心です。
    マスクやアルコール消毒液などの衛生用品も同様に備蓄しておくと安心です。
    ローリングストックは災害時にも役立ちます。詳細は「農林水産省ホームページ」(別ウインドウで開く)を参考にしましょう。