ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

富津市

人と人がつながる あったかふっつ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    緊急事態宣言の再延長

    • 初版公開日:[2021年09月10日]
    • 更新日:[2021年9月10日]
    • ID:6001

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    政府は、令和3年9月9日、千葉県に発令されている緊急事態宣言の期間を“9月30日まで再延長”することを決定しました。

    これにより、千葉県から、富津市を含む千葉県内全域で、9月30日までの間、「緊急事態措置」の要請期間が延長されました。

    ※要請内容に変更はありませんが、引き続き「混雑の回避」にご留意ください。

    本市においても、依然として多くの感染が確認されています。

    市民の皆様、事業者の皆様には、危機感を持って千葉県の要請内容(感染症対策)の徹底にご協力いただくとともに、体調管理にはくれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。

    ※千葉県の要請内容の詳細は、新型コロナウイルス感染症に関する要請内容等(別ウインドウで開く)をご確認ください。

    公共施設等の利用制限について

    感染拡大防止を図るため、緊急事態宣言発令期間中、富津市の公共施設等について、下記のとおり利用制限を設けさせていただきます。

    • 不要不急の外出自粛の観点から、利用時間を短縮します。(原則として20時まで)
    • 3密を避ける観点から、原則として利用定員の半数以下での利用とします。

    ※公共施設の利用制限の詳細については、緊急事態宣言発令に伴う市施設の利用制限をご覧ください。

    千葉県「緊急事態措置」の主な要請内容

    1 市民(県民)の皆さまへの要請内容

    不要不急の外出自粛の徹底【混雑した場所等への外出は半減】

    日中も含め、不要不急の外出・移動は自粛するとともに、特に以下の事項を徹底してください。

    • デルタ株への置き換わり、急速な感染拡大を踏まえ、混雑した場所等への外出を半減すること
    • 20時以降の不要不急の外出を自粛すること
    • 外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で、混雑している場所や時間を避けて行動すること
    • 感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請又は営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控えること

    不要不急の帰省や旅行など都道府県間の移動は極力控え、どうしても避けられない場合は感染防止策の徹底とともに、出発前又は到着地での検査を検討してください。

    路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動は自粛してください。

    長期休暇中にあっても、不要不急の外出・移動は自粛してください。

    不要不急に当たらない行動とは?

    医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なもの。

    基本的な感染対策の徹底【会話するときはマスクを着用】

    「3つの密」を徹底的に避けるとともに、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いやアルコール消毒などの手指衛生」等の基本的な感染対策を行ってください。

    また、「10のポイント(別ウインドウで開く)」「新しい生活様式の実践例(別ウインドウで開く)」「感染リスクが高まる「5つの場面」(別ウインドウで開く)」を参考に感染対策を徹底してください。

    飲食時の注意【昼夜や場所を問わず黙食・少人数で】

    • 飲食時は黙って食べましょう。
    • 会話をする際は、必ずマスクを着用するようお願いします。
    • 同居家族以外ではいつも近くにいる人と、少人数でお願いします。
    • 飲食店を利用する際は、お店から求められる感染防止策に協力してください。
    • 換気が良く、座席間の距離が確保されているか、又は適切な大きさのアクリル板等が設置され、混雑していない店を選び、食事は短時間でお願いします。
    • 自宅等で同居家族以外の方が集まって飲酒をするいわゆる「宅飲み」は控えてください。また、飲酒を伴わないホームパーティ等もお控えください。

    2 事業者のみなさまへの要請内容

    • 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店及びカラオケ店は休業。ただし、酒類及びカラオケ設備の提供(利用者による酒類の店内持ち込みを含む)を取りやめる場合は、営業時間の短縮(「20時から5時」は営業しない。)
    • 上記以外の飲食店は、営業時間の短縮(「20時から5時」は営業しない。)
    • 千葉県が示す感染防止対策の徹底
    • 店内での会話の声が大きくならないようBGMの音量を最小限にするなど工夫する

    ※なお、千葉県の要請に応じていただいた事業者に対しては、千葉県から協力金が支給されます。

    3 催物の開催に関する協力依頼

    • イベント参加者に対して、感染防止対策の徹底や、イベント前後の飲食を控えることを呼び掛けるなど、開催前後の「3つの密」及び飲食を回避するための方策を徹底すること
    • 催物開催にあたっては、業種別ガイドラインの徹底や、催物前後の「3つの密」及び飲食を回避するための方策の徹底ができない場合には、開催について慎重に判断すること
    • 参加者等の直行・直帰を確保するために必要な周知・呼びかけ等を徹底すること
    • 接触確認アプリ(COCOA)(別ウインドウで開く)の利用を推奨すること
    • 参加者が1,000人を超えるようなイベント等を開催しようとする場合には、事前に県に相談すること
    • 収容率:50%、かつ上限人数5,000人以内とすること

    相談窓口の設置について(千葉県)

    千葉県からの要請等の内容や、県民・事業者の皆さまからの疑問や不安にお答えするため、電話相談窓口を設置しています。

    • 飲食店の営業時間短縮に関すること(特措法協力要請電話相談窓口) 電話043-223-4318
    • 協力金の申請手続に関すること【飲食店】電話0570‐003‐894
    • 協力金の申請手続に関すること(※専用コールセンター)【大規模施設等】 電話0120‐297‐107
    • 飲食店の見回りに関すること(商工労働部企業立地課) 電話043‐223-3866

    ※上記以外に関すること (特措法協力要請電話相談窓口) 電話043-223-4318

    関連リンク