ページの先頭です

取り組み

富津市版総合戦略

市の経営

市では、これまでの財政収支改善策や行財政改革により行政運営のスリム化に一定の効果を挙げてきましたが、依然として財政は厳しい状況にあります。 さらに、少子高齢化が進み、税収の担い手となる生産年齢人口の減少が予想されることから、これまでの財政運営から脱却し、将来にわたって財政収支の安定を確保することが課題となります。 今後は、限られた財源を選択と集中により、真に必要なサービスへと重点化し、最小の経費で最大の効果を上げるという行政運営の基本にたち、限られた経営資源である「ヒト(職員)」、「モノ(事務事業・公共施設)」、「カネ(経費)」を有機的に結び付け、迅速性、的確性、実効性を追求し、市民の満足度を高める行政サービスを効率的に提供していく「経営型行政運営」への転換を進めていきます。

イメージアップ

富津市おもてなしキャラクター「ふっつん」

東京湾口道路

首都圏第3空港

男女共同参画

市民参画

地域の国際化

姉妹都市・友好都市

出前講座

パブリックコメント

環境・衛生

市民が誇れる市の顔づくり関連事業

自治振興宝くじ

都市再生整備計画

指定管理者制度