ページの先頭です

富津市のここ知ってる?!クイズ

[2020年10月1日]

ID:6225

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

富津市のここ知ってる?!クイズ

皆さんに富津市内のことをもっと知ってもらいたいので、広報ふっつの2020年9月号からクイズを掲載しているよ!

クイズの回答と解説を掲載するから、ぜひ読んでみてね!

2020年10月号

正解は、② 小久保藩陣屋跡(こくぼはんじんやあと) です。

小久保藩陣屋は、明治元年(1868)~4年(1871)まで、現在の中央公民館の場所にありました。当時の役所やお屋敷などがあったとされています。明治4年の廃藩置県で小久保藩は小久保県になりましたが、建物はそのまま使われていたそうです。初代藩主は、田沼意尊(たぬまおきたか)。老中・田沼意次(おきつぐ)の子孫です。

※田沼意次については、歴史の教科書を見てみよう!

また、明治3年(1870)には盈進館(えいしんかん)という藩校が建てられました。ここでは藩士の子どもだけでなく、庶民も勉強することができました。ちなみにこの盈進館、英語の授業もしていたそうなんです。150年前の英語の授業はどんなものだったのでしょうね。

※盈進館はその後、小久保小学校になりました。ここから現在の大貫小学校につながっています。小学校も歴史が深いのです。

みんなも中央公民館に行って、この石碑と看板を探してみよう!

小久保陣屋1
小久保陣屋2
小久保陣屋3

2020年9月号

正解は、④ 上野塚古墳(うわのづかこふん) です。※「うえの」じゃないよ、「うわの」だよ。

古墳とは、大昔、古墳時代のえらい人たちのお墓です。上野塚古墳は、青堀・飯野地区にある内裏塚古墳群(だいりづかこふんぐん)のひとつです。つくられたのは、今からなんと約1500年前!!(エジプトのピラミッドのほうが古いって?そんなこと言わないで!)

この古墳は、一部が壊されてしまっていますが、もともとはホタテ貝のような形をした前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)でした。その全長は44.5m。これでも内裏塚古墳群では真ん中ぐらいの大きさ。もっと大きな古墳が富津市内にはいくつもあるのです。

 意外なところに意外な歴史があるかも。みんなも探してみよう!次回のクイズもお楽しみに~♪

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所総務部秘書広報課

電話: 0439-80-1225

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム