ページの先頭です

浸水想定区域図について

[2020年5月13日]

ID:6070

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

浸水想定区域図について

 平成27年5月に水防法の一部が改正され、想定される最大規模の降雨(1000年に1度の大雨)による洪水浸水想定区域図等の情報が令和2年3月30日に発表されました。


 今回の千葉県が発表した洪水浸水想定区域図では、「50年に1度による大雨」から「1000年に1度の大雨」へ想定変更したことから、小糸川にあっては大堀地区、飯野地区、湊川(志駒川)にあっては志駒地区などが浸水想定区域に拡大しています。

 今後、千葉県が作成した浸水想定区域図(小糸川、湊川)を基に避難場所等を示した新しい「洪水ハザードマップ」を作成する予定となっています。

 大雨が降ったからといって必ずしも浸水想定区域図のように発生するというものではありませんが、避難場所、避難所の位置などを再確認し、自主防災会や各家庭で洪水時にどのように行動するか話し合っておくことが大切です。


詳しくは、千葉県洪水浸水想定区域を参照して下さい。

小糸川浸水想定区域(別ウインドウで開く)

湊川浸水想定区域(別ウインドウで開く)


お問い合わせ

富津市役所総務部防災安全課

電話: 0439-80-1266

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


浸水想定区域図についてへの別ルート