ページの先頭です

台風第15号および第19号に伴う損壊家屋等の公費解体・自費解体費用償還について

[2020年1月22日]

ID:5880

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

被災した家屋等の解体・撤去を、所有者の申請に基づき、市が代行します

【制度の概要】

 本制度は、令和元年台風第15号及び第19号の被害により、り災証明書で「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」の判定を受けた家屋等の解体・撤去について、所有者の申請に基づき、市が所有者に代わって解体・撤去を行うものです((1)公費解体)。

 また、所有者が費用を負担して解体・撤去を行った場合には、市が算定した基準の範囲内で費用を償還します((2)自費解体費用償還)。  

 ※被災家屋等全体の解体・撤去を行う場合のみ対象となります。    

  家屋の一部(外壁・屋根など)のみの撤去や家屋の補修工事(リフォーム)は対象にはなりません。 

 ※「被災者住宅応急修理制度」との併用は原則できません。  

■受付期間  (1)公費解体 令和2年2月3日(月)~令和2年5月29日(金)

         (2)自費解体費用償還 令和2年2月3日(月)~令和2年3月31日(火)

         (土・日・祝日を除きます。ただし、2月23日、3月8日・22日は受付を行います。)

■受付時間  9時00分~16時00分

■受付方法  予約制(必ず事前に予約をお願いします。)

■受付場所  市役所1階 環境保全課災害廃棄物対策室

【対象となる家屋等】

 令和元年台風第15号及び第19号の被害により、り災証明書で「全壊」「大規模半壊」「半壊」の判定を受けた個人の家屋等、中小企業者の事業所等。 

 ※中小企業者の事業所等:中小企業法に定める「中小企業者」等(これに準ずる公益法人等を含む。)が所有する事業所や賃貸マンション等。


制度の内容については、Q&Aもご覧ください。

(1)公費解体制度

 市に解体・撤去を依頼する場合の制度です。 

 所有者の申請に基づき、市が解体の必要があると判断した被災家屋等について、市が所有者に代わって解体・撤去を行います。

公費解体の手続きの流れについてはこちらをご覧ください

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【注意事項】

■家屋等の地上部分及び地上部分と一体的に工事が行われる部分が対象です。

 (工事の対象となった部分について、所有者の費用負担はありません。)

■市は家屋以外の部分についての解体・撤去や家財等の処理、整地は行いません。 

 ※家屋以外の部分:基礎、基礎杭、浄化槽、地下室、ブロック塀、よう壁、庭木、庭石等。

  (ただし、家屋と一体的に解体・撤去を行う場合などには対象となる場合があります。)

■市が事業者に解体・撤去の業務を委託するため、解体完了までに期間を要します。

 ※期間については、数か月から半年を見込んでおりますが、状況により遅れる場合がありますのでご了承ください。

【申請の際に必要な書類(公費解体)】

■公費解体の申請時に必要な書類は、以下を確認してください。

   ※個別の状況により、書類の追加提出を依頼する場合があります。


■申請書類のうち、以下の書類は所定の様式をご使用ください。また、市役所災害廃棄物対策室の窓口でも配布しています。

(2)自費解体費用償還制度

 個人で先行して解体・撤去を行い、費用の償還を申請する制度です。

 個人で費用を負担して事業者に依頼をし、損壊家屋等の解体・撤去を行った場合において、支払った費用のうち市が定めた基準で算定した額の範囲内で、費用の償還を行います。

自費解体費用償還の手続きの流れについてはこちらをご覧ください

【注意事項】

■償還される金額は、市が算定した基準額と所有者等が支払った費用の低い方の金額になるので、

 支払った費用全額が償還されると限りませんので、あらかじめご了承ください。

■費用償還の申請は、令和2年3月31日までに申請書類を提出できるものが対象になります。

 ※解体・撤去に係る事業者との契約は締結しているが、工事が期限までに完了しない等、

  特別なご事情がある場合は申請期限を延長できる場合がありますので、ご相談ください。

■申請者は工事契約者です。工事契約者と所有者が異なる場合は、所有者の同意書が必要になります。

【申請の際に必要な書類(自費解体費用償還)】

■自費解体費用償還の申請時に必要な書類は、以下を確認してください。

   ※個別の状況により、書類の追加提出を依頼する場合があります。


■申請書類のうち、以下の書類は所定の様式をご使用ください。また、市役所災害廃棄物対策室の窓口でも配布しています。

 (内訳書、解体証明書については、内容が同じであれば、解体業者が用意した様式でも構いません。)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所市民部災害廃棄物対策室

電話: 0439-80-1277

ファクス: 0439-87-9331

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


台風第15号および第19号に伴う損壊家屋等の公費解体・自費解体費用償還についてへの別ルート