ページの先頭です

手足口病に注意しましょう

[2019年7月4日]

ID:5600

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

手足口病の患者数が、過去10年間で最多のペースで増えています。

手洗い等を行い、感染予防に努めましょう。

手足口病とは

手足口病とは、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。

主に夏に、子供を中心に流行します。少数ですが、成人でも報告があります。

症状

  • 感染してから3~5日後に、口の中、手足に小さな水疱性発疹が出ます。3人に1人の割合で発熱がみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。ほとんどの場合は数日のうちに治る病気です。
  • まれに髄膜炎や急性脳炎等が起きる場合があります。高熱が出る、発熱が続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

感染経路

飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。

予防方法

手足口病には有効なワクチンや、発病を予防できる薬はありません。

症状が治まった後も2~4週間は便などからウイルスが排泄されることがあるので、感染を予防するために、日ごろから次のことを心がけましょう。    

  • 大人も子供も、手洗いは流水とせっけんでしっかり行いましょう。
  • おむつなど、排泄物を処理する時は適切に処理し、処理後もしっかりと手を洗いましょう。
  • タオルの共用は避けましょう。

関連リンク

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所健康福祉部健康づくり課

電話: 0439-80-1268

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


手足口病に注意しましょうへの別ルート