ページの先頭です

30年産以降も米の生産調整が必要です!

[2017年11月9日]

ID:4803

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自由にお米を作ってしまうと、生産過剰により米価下落が懸念されます。

食生活の変化や高齢化等により、米の需要量は全国で毎年約8万トンも減少しています。

30年産以降は、国による「米の生産数量目標」の配分は廃止されますが、米の需要量は減少傾向にあるので、需給バランスと価格の安定のためには、引き続き米の生産調整が必要です。

これまでと同様に、「需要に応じた米生産」に取り組みましょう。

農業再生協議会のリーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所建設経済部農林水産課

電話: 0439-80-1282

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


30年産以降も米の生産調整が必要です!への別ルート