ページの先頭です

空き巣などの侵入盗被害が増加しています。

[2017年7月13日]

ID:4652

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

富津市の空き巣や侵入盗の傾向と対策

空き巣や侵入盗の傾向

富津署管内で侵入窃盗被害が、平成29年1月から平成29年5月末の間で181件発生しています。

昨年の同時期と比較すると29件の被害の増加となっております。 (富津署管内での事件等発生件数)(別ウインドウで開く)

富津市での被害の特徴は、約40%が無施錠箇所からの侵入、約40%がガラスを割って侵入する「ガラス破り」です。
その他では、約20%が鍵穴から特殊な道具を入れて開錠する「ピッキング」や、バーナーなどを使ってガラスを焼き切って鍵を開錠し、侵入する「焼き切り」など、さまざまな手口での侵入盗被害が発生しています。

被害にあわないための対策

富津市はのどかな土地特有の近所に悪い人はいないので鍵を掛けない、といった感覚が大きく影響しています。
実際に犯人は遠くから来て、犯行後に帰っていくことが多いため、戸締りをするだけで多くの侵入盗を防げます。
また、ガラス破りは窓ガラスに補助錠を1つ付ける、錠の部分に防犯フィルムを貼るだけで格段に侵入しにくくなります。
このような手段を取るだけで侵入盗の約80%に対策ができます。
近場に出かけるときなども、しっかり戸締りをして、窓ガラスにも防犯フィルムを貼るなど対策をしてください。

対策など千葉県警察(別ウインドウで開く)ホームページも併せてご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所総務部防災安全課

電話: 0439-80-1266

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


空き巣などの侵入盗被害が増加しています。への別ルート