ページの先頭です

エボラ出血熱に係る注意情報

[2019年6月24日]

ID:4563

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

エボラ出血熱に係る注意情報

 現在、コンゴ民主共和国の北キブ州とイツリ州において、2,000名を超えるエボラ出血熱患者が発生しています。

 6月11日には、世界保健機構(WHO)より、コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の発生が隣国のウガンダ共和国のカセセ県でも確認されたと発表されました。

 発生地域から帰国し、疑わしい症状がある場合には、医療機関を受診せず、保健所へ連絡してください。

君津健康福祉センター(君津保健所)

〒292-0832木更津市新田3-4-34

電話:0438-22-3745 (疾病対策課)


エボラ出血熱について

潜伏期間:2~21日(平均約1週間)

症  状:突発的な発熱(ほぼ必発)、疼痛(頭痛、筋肉痛、胸痛、腹痛など)、無力症が多い。

     2~3日で急速に悪化し、死亡例では約1週間程度で死に至ることが多い。

     出血は、主症状ではないことも多いと報告あり。

感  染:ヒトからヒトへの感染は、血液、体液、排泄物等との直接接触であり、空気感染はしない。


厚生労働省ウェブサイト「エボラ出血熱について」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola.html

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所健康福祉部健康づくり課

電話: 0439-80-1268

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


エボラ出血熱に係る注意情報への別ルート