ページの先頭です

【国からのお知らせ】弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について

[2017年11月22日]

ID:4550

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について

2017年8月29日(午前5時58分ごろ)及び2017年9月15日(午前6時57分ごろ)に北朝鮮から発射されたミサイルは北海道襟裳岬付近の上空を通過し、その後、太平洋上に落下したものと推定されています。弾道ミサイルは、どこに向けて発射されるかわからない状況です。弾道ミサイル落下時の行動について、詳しくは国民保護ポータルサイトをご覧ください。
弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動に関するQ&Aが更新されましたのでお知らせします。

※ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、安全・安心メールにより緊急情報をお知らせします。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所総務部防災安全課

電話: 0439-80-1266

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


【国からのお知らせ】弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動についてへの別ルート