ページの先頭です

平成28年 主なできごと

[2016年12月1日]

ID:4403

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年 主なできごと
項  目内              容
1富津市経営改革プランを策定経営資源である「ヒト(職員)」、「モノ(事務事業・公共施設)」、「カネ(経費)」を根底から見直すことで、身の丈に合った行政運営に転換し、「持続可能な行政経営」を実現するため、「富津市経営改革プラン」を策定した。
1災害時における協定の締結災害時に市民生活の影響を最小限に留め、安全・安心な生活環境を維持するため、1月に株式会社セブン-イレブン・ジャパンと「災害時における物資供給等に関する協定」を締結した。
 また、6月には、君津地域清掃事業協同組合及び君津地域4市の間で「災害時におけるし尿等の収集運搬等に関する協定」を締結した。
2富津市人口ビジョン2040及び富津市まち・ひと・しごと創生総合戦略決定人口の現状と将来像を市民と共有し、市が目指すべき方向性を示す「富津市人口ビジョン2040」と、市のまち・ひと・しごと創生に関する目標と基本的な施策の方向を示し、総合的・計画的に実施する「富津市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定した。
また、9月には、総合戦略を進める上で、毎年度の予算や事業実施の具体的な指針となる「富津市まち・ひと・しごと創生総合戦略実行計画」を策定した。
3「富津市公共施設等総合管理計画」の取組始動!施設の老朽化による維持管理や施設の大量更新時期を控え、持続可能な行政経営を行っていくために、「富津市公共施設等総合管理計画」を策定し、公共施設の最適な配置に向けた取組をスタートした。
3観光・移住PRイベントを横浜で開催総合戦略プロモーション事業の一環として、観光・移住PRイベントを横浜そごう前広場で行った。ふるさと納税返礼品・特産品が当たる抽選会、富津市観光大使の保田圭さんが富津の魅力を語るトークショーなどを行い800人以上の方が来場した。
4岡根茂氏が教育長に就任新たな教育委員会制度になってはじめての教育長に岡根茂氏が就任した。
4富津市ファミリーサポートセンター開設「子育ての手助けをしてほしい方」と「子育てを手助けしたい方」で組織し、地域において会員同士で子育てを支援する富津市ファミリーサポートセンターを開設した。
416名の市議会議員決まる任期満了に伴う富津市議会議員選挙が行われ、議員定数を2人削減した16名の議員が決定した。
6(一社)富津市シルバー人材センター設立社会福祉協議会内にあった富津市シルバー人材センターが法人化し、一般社団法人として設立された。
7今年も市民主体による花火大会開催第2回の今年は、実行委員会、市、商工会及び観光協会の共催により実施し、本市で初めてとなる水中花火の打上げが行われた。
8富津市観光・しごと・移住推進プロジェクト始動観光・生活支援拠点を金谷地区に、ビジネス拠点を北部地区に、それぞれの強みを生かした南北2拠点を作り、交流人口の増加や企業誘致、移住促進につなげるため、NPO法人オール富津情報交流センター(AFICC:アフィック)を実行主体として設立した。
10高橋恭市氏が富津市長に就任佐久間清治市長の任期満了に伴う市長選挙が行われ、新人で前副市長の高橋恭市氏が初当選した。
10富津市出身の野球選手がドラフトで1位指名大貫中学校出身の藤平尚真くんがドラフト会議で楽天イーグルスの単独1位指名を受けた。
10「ふるさとふっつ応援寄附」(ふるさと納税)増加ふるさと納税返礼品である、富津市の特産品の良さが認められてきたことにより寄附額が増加した。

お問い合わせ

富津市役所総務部秘書広報課

電話: 0439-80-1200 FAX: 0439-80-1350

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。