ページの先頭です

登山について

[2017年4月5日]

ID:4279

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

富津市の山

  富津市には、高宕山、鹿野山、鋸山があり、300m級の軽登山であるものの、険しい道もあり、侮れない山でもあります。

登山のための準備

 軽登山でも準備を怠ることのないように下記にある項目を参考にしてください。

1 はき慣れた靴、登山靴ですか?(靴ずれ、捻挫には注意しましょう。)

2  登山用ポール、トレッキングポール等はお持ちですか?(いわゆる杖があると登山が楽になり、下山時の膝への負担軽減ができます。) 

3 帽子はありますか?(転倒時の怪我や太陽光からの暑さを軽減することができます。)

4 登山に適した服装ですか?(長袖は体温調整ができます、長ズボンは、山ヒルなど害虫からの防止になります。)

5 リュックサックで登山ですか?(転倒防止のために両手はあけておきましょう。)

6 行動食(飴、チョコなど)、熱中症にならないよう、飲み物は十分ですか?

7 事前に登山ルートの確認はできていますか? (危険な場所は、把握しておきましょう。)

8 登山マップやコンパスは持っていますか?(自分はどこにいるのかを常に把握しておきましょう。)

9 天候はどうですか?登山時間に無理はないですか? (山は逃げません。 予定の変更をして後日に登るなど配慮しましょう。)

10 スマートフォンや携帯電話は持っていますか?(緊急時に連絡できるようにしましょう。)

11 家族や友人に登山することは伝えてありますか?(連絡しておくことが大切です。)

遭難したときのために

遭難は、ちょっとした油断で、簡単に起こります。

油断していなくても、突然起こる場合もあります。

山は平地とは違うのです。

もし、足を捻った場合、平坦な道でも痛みがあり歩行するのも苦労するはずです。

登山中に捻った場合は、倍以上の時間を要することは、想像できます。

日が落ち暗くなることも考えられるため、ライト(ヘッドライト)が必要になる場合があります。

また、空腹を満たすために食料が必要であり、食べれば喉も渇くため、飲料水が必要になります。

119番通報し助けを求めた場合

最寄りの天羽分署から、到着まで10分以上かかります。

あなたが、そこまで登った時間と、救急・救助資器材等を携行しながらの登山では時間を要します。


下記にあるものは、いざという時に参考にしてください。

1 ヘッドライト(暗くなった場合には、場所を知らせるためにも必要になります。)

2 食料(救出まで時間がかかる場合に、食べることで多少の体温上昇が見込めます。)

3 飲料水(水でも良いですが、夏場で高温多湿の場合には、熱中症にならないため、スポーツドリンクや、経口補水液が理想です。)

 水の場合には熱中症対策用のキャンディーもありますので、併用することをお勧めします。

 また、怪我をした場合には、水で泥などを洗い流すこともできます。

4 衣類(山間部で陽が当たらない場所は、寒くなるため防寒対策用の衣類、急な雨にも対応できる雨具が理想です。)

5  タオル類(怪我をした場合に、菌が入らないための代用にもなり、汗をかくことで体が冷え、低体温にならいようにするために、こまめに汗はぬぐうことが大事です。)

6 ティッシュ(急な腹痛で、用を足さなければいけない場合に必要です。)

7 救急用品(絆創膏、コールドスプレー、普段服用している薬等。)

8  笛(助けてと叫ぶのは、体力の消耗が激しいため、笛があると場所がわかりやすく体力を温存しやすいです。

災害場所を説明できるようにするために

 119番通報時には、ちば消防共同指令センター管制員が、どこから登山を開始したのか、どのくらい歩いて、どこを曲がったなどを通報者に尋ねますので、説明できるよう常に自分の位置を把握しておくようにしてください。

 通報者の発信場所は、基地局からとGPSからの位置情報にて、場所の特定を行っていますが、山間部ではアンテナ数が少なく、場所の特定に時間を要する場合があります。

 空が見える場所で通話可能な場合には、精度がよくGPSでは、緯度経度から位置の特定が可能です。

位置情報の取得方法(iPhone)

 iPhone内蔵のアプリ「コンパス」に位置情報となる北緯(N)・東経(E)(緯度・経度)が表示されています。

位置情報の取得方法(Android)

 AndroidにはGPS機能はありますが、登山するときにはダウンロードしておくと歩行距離や歩いてきた軌跡など楽しめるアプリがあり、また、自分の位置を把握することができますので、災害発生時には場所の説明に役立ちます。

スマートフォン持っていない・使い方が不明な場合など

 通りかかった登山者に、現在位置はどこなのか尋ねてください。

 もし、GPSの位置情報がわかるようでしたら提供を、お願いしてください。

GPSについて

 GPSは人工衛星を利用して、地球上のどこにいるのかを割り出すシステムです。

 携帯電話やスマートフォンに搭載されているGPSの位置情報は、通話可能であればほぼ正確に特定できますので、可能な限り、「空が見える場所」かつ「通話可能な場所」でGPS位置情報の取得をお願いします。

登山をより楽しむために

 無料で沢山のスマートフォン用アプリがあります。

 登山する前に、ダウンロードしますと、GPSによる位置情報、歩いた軌跡、思い出になるための記念撮影、各山の登頂記録など多様のアプリがありますので、検索してみてください。

体に不調を感じたら

熱中症とは、高温多湿での作業や運動により、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、眩暈、体がだるい、ひどいときには意識の異常などさまざまな症状を起こす病気です。

軽症(熱痙攣、熱失神)の場合は、軽度の眩暈、立ちくらみ、頭痛、吐き気、手足の痙攣、筋肉痛、こむら返りなどが起きます。

中等症(熱疲労)の場合は、上記に加え、血圧の低下、強い疲労感、倦怠感、嘔吐が起きます。

重傷(熱射病)の場合は、体温が40度を超え、けいれんや意識障害、多臓器不全につながり、重篤になった場合、死に至るケースもあります。

熱中症にならないために、水分の補給はもちろんのこと、塩分摂取も重要となります。

お茶や水では無く、スポーツドリンクを十分に取ることが大切です。

熱中症の初期症状が出た場合は、水分やミネラル等が不足していますので、速やかに休んで、スポーツドリンクの補給をしてください。

無理をして登山を続けると、悪くなるばかりですので、適切な処置を行ってください。

スポーツドリンク等を飲み、日陰で横になり、体を冷やすための処置を行い、うちわ等で扇いで体温を下げるようにしてください。

冷却するものがあれば、首や脇の下や太ももの間に入れてください。

処置を施さない場合には命の危険を伴いますので、早めに対処するようにしましょう。

 

各リンクです 

鋸山(別ウインドウで開く) 

鋸山石切場・車力道(別ウインドウで開く)

 

ダウンロードファイルに下記内容が記載されていますので活用してください。

消防署からのお知らせ

119番のかけ方

 登山中に、119番(救急要請等)をした場合に山間部であるため、位置の特定が困難な状況です。

(1)登山道、コース名を覚えておきましょう。

(2)○○コースを登り、分岐点をどちらに進み、何分ぐらい歩いたか。

(3)近くに何(展望台、休憩所、階段)があるのか、見えるか。

(4)GPS機能を利用し、緯度経度の位置情報を取得できる方は併せて伝えてください。

 これらを119番通報時に伝えていただくと、位置の特定に繋がります。

 熱中症対策

 登山中、スポーツドリンクをこまめに水分補給し、水やお茶のみ持参の場合には、塩分も併せて摂るようにしてください。

登山時には印刷してください。

登山時には印刷してください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

高宕山(ニホンザルと出会うみち)

登山計画

 登山計画は、いざというときに迅速に対応できるため、必要であり、パーティで事前に決めることで、事故を未然に防ぐことにも繋がります。

 

千葉県                                

【提出方法】郵送/現地
 登山届提出先 千葉県警察本部地域課 〒260-0000 千葉市中央区長洲1-9-1
  電話 043-201-0110

千葉県山岳連盟

HP http://chiba-gakuren.com/

日本山岳会 鋸山

HP http://jac.or.jp/oyako/f10/c2050.html

登山計画書 http://jac.or.jp/oyako/f10/pdf/c2050ws.pdf 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所消防本部消防署

電話: 0439-88-0119

ファクス: 0439-88-6500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


登山についてへの別ルート