ページの先頭です

未熟児養育医療給付制度

[2013年4月1日]

ID:2511

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

未熟児養育医療給付制度とは

身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする乳児に対して、その治療に必要な医療費を市等が負担する制度です。ただし、健康保険が適用される医療費が給付範囲となりますので、おむつ代・差額ベッド代などの保険適用外のものについては、対象となりません。また、養育医療の給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関に限られます。なお、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が発生します。

対象者

富津市に住所を有する未熟児で次に掲げるいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と認めたもの。

出生時体重

  • 2,000g以下のもの

一般状態

  • 運動不安、けいれんがあるもの
  • 運動が異常に少ないもの

体温

  • 摂氏34度以下

呼吸器・循環器系

  • 強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
  • 呼吸数が毎分50を超えて増加傾向にあるか、または毎分30以下のもの
  • 出血傾向の強いもの

消化器系

  • 生後24時間以上排便がないもの
  • 生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
  • 血性吐物、血性便があるもの

黄疸

  • 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

自己負担金

  • 保護者の所得税額に応じて、徴収基準月額が決定されます。ただし、未熟児養育医療制度は、富津市子ども医療費助成制度と併用することができますので、実際の自己負担額は、子ども医療費助成額を差し引いた額となります。
  • 自己負担金は、富津市から後日送付する「納入通知書」によって、指定金融機関でお支払いいただきます。

申請方法

申請は、退院前、なおかつ生後3週間以内にする必要があります。

◎必要書類

  • 養育医療給付申請書
  • 養育医療意見書
  • 子どもの保険証
  • 印鑑
  • 保護者が当該年の1月1日時に富津市に住所を有しないものは、市町村民税額がわかる書類

養育医療申請書

受給している内容に変更が生じたときは、再度申請が必要となります。

変更申請書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所健康福祉部子育て支援課

電話: 0439-80-1256

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム