ページの先頭です

食中毒を予防しましょう

[2017年10月5日]

ID:1503

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食中毒を予防しましょう

 食中毒警報と注意報は解除されましたが、今年度は腸管出血性大腸菌O157による感染症や食中毒が増加していることと、これからノロウイルスが流行する時期になることから、引き続き食中毒予防に心がけてください。

家庭でできる食中毒予防

 (1)食品の購入・・・新鮮なもの、消費期限を確認する。

 (2)家庭での保存・・持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫で保存する。

 (3)下準備・・・・・手を洗う、きれいな調理器具を使う。

 (4)調理・・・・・・手を洗う、十分に加熱する。

 (5)食事・・・・・・手を洗う、室温に長く放置しない。

 (6)残った食品・・・きれいな器具容器で保存する、再加熱する。

また、牛、豚、鶏などの食肉については、サルモネラ、カンピロバクター、病原性大腸菌などによる細菌性食中毒を防止するために、衛生的な取り扱いや十分に加熱して食べることなどが必要です。

なお、狩猟等で捕獲されたイノシシやシカ肉を食用する場合は、E型肝炎ウイルスの人への感染事例が報告され、その他細菌や寄生虫による感染も考えられますので、以下のことについて十分注意してください。

・野生動物の肉(内臓を含む)は生で食べないようにしましょう。特に若齢者や高齢者、妊婦など抵抗力の弱い方は注意しましょう。

・野生動物の肉は中心部まで火が通るよう、十分に加熱しましょう。

・生の肉と加熱済みの肉類は分けて取り扱いましょう。取り扱う箸や皿も区別して使用しましょう。

問 健康づくり課 80-1268
      君津健康福祉センター(君津保健所)健康生活支援課 0438-22-3745

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所健康福祉部健康づくり課

電話: 0439-80-1268

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


食中毒を予防しましょうへの別ルート