ページの先頭です

環の大樟

[2016年3月20日]

ID:577

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

環の大樟

クスノキは常緑広葉樹で、関東以南の暖地、とくに海岸地域に多く分布する。
環の大樟は、東大和田・興源寺(こうげんじ)の石段の登り口右手にあり、下から見上げる姿は雄大である。
主幹はすでに枯死して中心部が大きな空洞となっているが、切り株から伸びた2本の「ひこばえ」が大きく生長し、あたりを覆っている。
樹高は約23m、根回り約20.7mで、千葉県内の樟の中では最大のものである。
昭和10年(1935)、県指定天然記念物の第1号として指定された6件のうちの一つである。
昭和3年の報告では、その時点ですでに主幹が腐朽して空洞となっていたようである。
環の大樟

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

富津市役所建設経済部商工観光課

電話: 0439-80-1291

ファクス: 0439-80-1350

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム